島原の郷土料理『具雑煮』で超有名な姫松屋本店に行ってきました

ランチ

島原の郷土料理と言えば具雑煮。

具雑煮を提供している飲食店が市内にはいくつもあって、それぞれ美味しいのですが、その中でも姫松屋本店さんは有名!

姫松屋本店さんは島原の観光の中心である島原城の目の前ということもあり、接待でもよく利用させてもらってます。

私も最近続けて姫松屋さんに行く機会があったのでご紹介したいと思います!

姫松屋本店のアクセス・駐車場・営業時間など

島原城のお堀に沿って歩いていくと、お城の正面にお店があり、とてもわかりやすいです。

駐車場は正面玄関前とお店の裏側にもあり、たくさんの車がとめられます。

島原駅から車で3分、徒歩10分ほど。

姫松屋本店の看板
▲「島原名物 具雑煮」姫松屋本店 看板

構えが老舗のお食事処の風格がありますねぇ。入口にはお食事のサンプルがあります。

姫松屋玄関
▲姫松屋本店の玄関

島原城の正面にあるので、確認するほどないかもしれませんが、地図でも確認しておきましょうか?

こちら↓↓↓

姫松屋本店の基本情報

店名姫松屋 本店
住所長崎県島原市城内一丁目1208(島原城正面)
TEL0957-63-7272
営業時間午前11時00分 ~ 午後7時00分
店休日なし
駐車場有り
公式HPhttp://www.himematsuya.jp/

姫松屋本店ってどんな店?

島原の郷土料理である具雑煮を提供されているお店で、お城や武家屋敷の近くなので観光客もとても多いです。

普段はお昼時に団体観光客なんかも利用してるのですが、コロナ禍で最近は団体さんが見られません。

それでも一般客や地元の人などで、まぁまぁお客さんは多いかな。

でも団体客がいなくなったのは姫松屋さんにとってダメージ大きいよね。

いつもは案内されない2階席で食べられたのもコロナ禍のお陰かなーなんて思ったりして。

あ、1階席も2階席も、出されるお料理は同じです!

***

玄関入ってすぐ目にとまるのが、このしまばらんの看板。

しまばらんって島原のイメージキャラクターで、制作されたのはなんと、漫画「妖怪ウォッチ」の作者で島原出身の漫画家・小西紀行先生です。

具雑煮としまばらん
▲具雑煮としまばらん

店内はテーブル席がメインですが小上がり席もあって、小さなお子様連れでも安心です。

店内
▲店内

お店の隣にはお土産店も併設されてます。島原のお土産がたくさん並んでました!

お店に入った観光客の人がお土産を購入したり、外を歩いてる人がお土産だけ求めて入ってきたりするんでしょうね。

地元民としては見慣れた商品がたくさんありました^^

お土産コーナー
▲お土産コーナー

そして、和風の可愛い手ぬぐいがお土産として売られてました。

牛の絵のついた手ぬぐいを見て思い出したけど島原は和牛も美味しいんですよね。

お土産コーナー
▲お土産コーナー

姫松屋本店のメニュー紹介

メインの具雑煮は単品でも定食でもいただけます。

他に各種定食があるので、観光客以外にも地元の人の利用も多いです。

具雑煮は他の定食に比べて若干高めですが、食材が多いので妥当な値段設定だと思いますよ。

姫松屋のメニュー表

具雑煮定食を注文!

店内見渡すと、ほとんどの人が具雑煮を注文してて、ほぼ90%具雑煮のないテーブルはないほど。

いつも注文するのは、こちら!

じゃーーーーん!!「具雑煮定食の梅」です。

こちら、イナリ寿司と果物がついてきます。

アツアツの具雑煮の箸休めにイナリ寿司。これが美味しいんです。

具雑煮の鍋のふたを開けたところがこちら。

お餅は小さいのが5個入ってます。小さいから女性でも5個食べれます。

出汁が出る食材が多く入ってるので、スープは薄味なのにめちゃくちゃ深みのある味わいです。

全部飲み干す人が多いのも、食べてみるとわかりますよ。

スープ、全部飲めちゃいます余裕!^^

日本全国うまいもんジャーニー「ZIP」でも紹介

今年のうまいもんジャーニーはリモート旅。マーティンは実際に食べることができずに画面ごしに具雑煮を見ていましたが、機会があればマーティンにも島原の美味しい具雑煮、食べてもらいたいなー。

見逃した方は、動画をどうぞ↓

「具雑煮」うまいもんファイル 長崎編

まとめ

島原では各家庭でも作る具雑煮ですが、たまにはこうやってお店で食べる具雑煮もいいものだなぁと思いました。お客さんを連れて行くときも姫松屋さんは場所的・お味的にも満足できるのでおすすめです。

日本ブログ村に参加してます。 下のバナーをポチっと押して応援していただくと励みになります。
↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました