タコの呪いのお話(島原の丸政水産さんの鮮魚部に伝わる話)

島原半島まちねた

今回はちょっと変わったお話をご紹介します。

長崎県島原市有明町にある、丸政水産さんの鮮魚部に伝わる「タコの呪いのお話」です。

\(◎o◎)/!

mutsuko
mutsuko

今日は丸政さんに直接お話していただこうと思います。よろしくお願いします。

丸政さん
丸政さん

はい、こちらこそよろしくお願いします。

タコの呪いのお話

丸政さん
丸政さん

有明町にある丸政水産 鮮魚部。ここでは昔から近海で獲れたタコを水揚げし新鮮なうちに下処理をして大きな大きな釜で茹でるという手法をとっています。

mutsuko
mutsuko

おーーー!!プリプリで美味しそうなタコですね!

丸政さん
丸政さん

人間が入るくらい大きな大きな釜を使い、新鮮なまま生き茹でするんですよ。

丸政さん
丸政さん

そうすることで、タコの旨みをぎゅっと凝縮し、ぷりぷりの弾力でもしっかり噛み切れて、磯の風味とタコ本来の旨味が押し寄せてくる美味しさを引き出す事ができるんです。

丸政さん
丸政さん

タコの足がくるんと曲がっているのは新鮮な証拠なんです。

丸政さん
丸政さん

タコの下処理方法として、 人の手によってタコ一匹一匹を丁寧に内蔵や墨、卵などを取っていきます。

丸政さん
丸政さん

これがすごい労力がいり、新鮮なタコは元気があり、にゅるにゅる動き周り、吸盤でくっつき、大変大変…。

水揚げ量が多い日は数トンもあり、それはそれはもうくたくたになります。

mutsuko
mutsuko

そんな大変な作業されてたんですね!!

丸政さん
丸政さん

そんな鮮魚部 多少は時代の変化もありつつも、昔からそのような手法をとり、専属の担当者は常時5人程おりました。

丸政さん
丸政さん

丸政水産、初期から代々受け継がれてきた手法でタコを扱う人達…

丸政さん
丸政さん

タコを大事に扱ってはいたものの… タコからの怨みをどこかでかってしまったせいなのか…

mutsuko
mutsuko

ひぃ!タコさん怒らないで(´;ω;`)

丸政さん
丸政さん

歴代の人達はみんな…

mutsuko
mutsuko

ぎゃーーー!!!

丸政さん
丸政さん

頭が・・・

mutsuko
mutsuko

ひぃーーー!!!

丸政さん
丸政さん

ハゲてしまうんだとか!!!

mutsuko
mutsuko

そんなっ!!!

丸政さん
丸政さん

タコからの 『お前も俺たちと同じような頭になってしまえー』 っていう怨念が伝ってしまったのかも知れませんね。

mutsuko
mutsuko

・・・・・・。

丸政さん
丸政さん

これが丸政水産に言い伝えられている タコの呪いのお話です。

mutsuko
mutsuko

タコに呪われるって知ったらお仕事するの嫌になりませんか?

丸政さん
丸政さん

供養塔をたてたおかげか、現在の鮮魚部の人達は呪いにかかっている人はいないので、大丈夫ですよ!

mutsuko
mutsuko

それを聞いて安心しました!

丸政さん
丸政さん

海の幸を扱う企業として、海の生き物に感謝しながら、大事に扱っております。 感謝の意を込めた本社前の供養塔がこちらの写真です 。

出典:株式会社丸政水産 
http://www.marumasa-suisan.co.jp/index.html
丸政さん
丸政さん

おしまい。

丸政水産さん、お話をご提供していただき、ありがとうございました!

なんだか丸政水産さんのお仕事の裏側が見れた感じがして親近感が湧きました。

私も海の生き物やそれに携わった人達への感謝を忘れずにいきたいと思います\(^o^)/

丸政水産の基本情報

丸政水産さんのウエブショップもあるので、よろしかったらのぞいてみてくださいね。

海苔や水産物加工品など色々買えます。
ここから\(^o^)/⇒ https://marumasa-online.com/

直売店は国道251号線沿いにあって駐車場もあります。贈答品なども取り扱ってありますよ。

店名島原有明店(マルマサ贈答品センター)
住所長崎県島原市有明町湯江甲456-1
TEL0957-68-1170
営業時間9:30~18:00
駐車場有り

丸政水産さんの公式ホームページはこちらです♪
株式会社丸政水産

日本ブログ村に参加してます。 下のバナーをポチっと押して応援していただくと励みになります。
↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました